PDF JPEG 変換 pdf-xchange viewer

PDFとは?

pdfとは、WindowsやMacあるいはスマートフォンなど、

 

どの環境でも同じようにレイアウトが画面に表示でき、

 

それをプリントアウトすることができるフォーマットです。

 

アドビシステムズ社が開発したもので、単一画像としてのみならず、複数ページにも対応しています。

 

このためビジネスにおいての文書のやり取りなどで、一般的に多く使用されています。

 

特にアドビ社のAdobe Readerは、pdf閲覧用のフリーソフトとして広く普及しています。

 

これ以外にも、pdf -XChange Viewerというフリーソフトもあります。

 

このソフトは、Windows XP以降のWindows OSのパソコンにのみ対応しています。

 

このpdf -XChange Viewerでは、

 

pdfの閲覧のみならず、文書内に四角形や円などでマーキングをする、

 

jpegをはじめとした画像形式に変換することなどもできます。

 

bmpやpng、gifやtiffにも変換可能ですが、ここではjpegに変換する方法を紹介します。

 

まずpdf -XChange Viewerをインストール後、このソフトでpdfファイルを開きます。

 

プルダウンメニューのファイルからエクスポートを選び、更にイメージエクスポートを選択します。

 

そうするとメニュー画面が表示されるので、次にイメージの種類の項目からjpegを選びます。

 

オプションをクリックすると、jpeg変換後の画質や解像度を設定することができます。

 

Horizontal DPIでは水平方向の解像度、Vertical DPIでは

 

垂直方向の解像度をそれぞれ設定できます。

 

目的の解像度を設定したら、OKボタンを押します。

 

最後に保存先のフォルダを指定して、エクスポートボタンをクリックすると、

 

pdfファイルがjpegに変換された状態で保存されます。

スポンサーリンク